カギを交換して防犯対策をさらに万全に!

bouhan_taisakuひとくちに防犯対策といっても、さまざまな種類・方法があります。たとえば窓ガラスなどは侵入盗にとって格好の侵入経路ですから、そこに防犯ガラスを導入するなどの方法は有効な防犯対策と言えるでしょう。
防犯効果を抑止力として考えた場合、監視カメラを要所に設置するとも大きな効果を期待できる方法です。侵入盗にしてみれば、自分の顔や姿かたちを記録されるのは避けたいところでしょうから、たとえダミーであっても設置されているに越したことはありません。
SECOMなどに加入することも有効です。その家のセキュリティー意識を明示することによって、やはり侵入盗への抑止力となるでしょう。威嚇効果のある防犯対策は、効果が大きく、費用はそれなりといった感じです。
東京 鍵屋はこちらをクリック

しかし防犯対策の要といえば、なんといってもカギです。しかし一般的なカギのセキュリティー性能で、果たして本当に充分な防犯対策と言えるでしょうか。
カギにはさまざまな種類がありますが、特に昔からあるカギは防犯性能よりも耐久性能に重きをおいていたと言えます。壊れにくいというのはとても重要なことなのですが、そのためにカギの構造を単純化することが防犯性能を低下させる結果ともなったのでしょう。
もちろん現在では耐久性能も防犯性能も優れた、さまざまなカギが開発されています。ですから、そうした優秀なカギに交換することで、防犯対策を進めていくことができるのです。

カギと言っても、なにも玄関のものだけではありません。最初に書いた窓のカギはもちろんですが、オフィスであれば金庫や重要な部屋のカギなど、さまざまなものが考えられます。大切なものが保管されている場所ほど、セキュリティー性能の高いカギにしておくべきなのはいうまでもありません。
現在カギは大きく分けて従来からあるメカニカルキーと、指紋認証などのデジタルキーに大別されています。防犯性能ではいまだに従来のカギのほうが優秀といえます。
東洋テック株式会社|これで安全!防犯ナビ – 防犯指南STEP5 鍵だけじゃ我が家は守れない
クラッキング | 日立ソリューションズの情報セキュリティブログ