僕がもう二度と自転車のロックをおろそかにしない、3つの理由

bicycle_lock僕がもう二度と自転車のロックをおろそかにしない3つの理由というか、3つの苦い思い出といった方が分かりやすいかもしれませんね。

どういう理由なのかと申しますと、第一には、自転車の鍵を掛けるのが面倒臭かったので、掛けないで何日も過ごしていたらついに盗まれてしまったのです。電車を降りて駐輪場に行ったら自転車が無いのです。仕方がないので、その日は歩いて自宅まで帰るというハメになってしまいました。

第二には、自転車のサドルを盗まれてしまったこともありました。嫌がらせなのか何なのかが未だによくわからないのですが、ネットで調べてみると私と同様にサドルを盗まれるという被害は意外にも多いようなのです。従って、それ以来サドルを上下させるワンタッチレバーを取り外してしまい、ボルトとナットだけで固定することにしています。そうしておくと、スパナでナットを緩めない限りはサドルを取り外すことすらできません。

それから第三には、ヘルメットも盗まれたことがあるのです。このヘルメットですが、バイクのヘルメットは若い頃にはよく盗まれた経験があるのですが、自転車用のヘルメットでも盗まれるということがあるのですね。これには、かなり驚いてしまいました。とりわけバイクの場合、ヘルメットの着用は法令化されており、ノーヘルでバイクに乗っていると違反切符を切られてしまいます。一方、自転車のヘルメットの場合には、法令で義務付けされているわけではないので、あえて自転車に乗る際にヘルメットを着用する人というのは真面目なタイプの方がほとんどだと認識しているのです。そういう意味で、自転車のヘルメットを盗まれたことについては、その意外性に驚かされたという次第なのです。

それから、自転車を駅に止めて電車に乗るということはあまりないのですが、その場合には有料駐輪場を利用するようにしています。自転車を盗む人の場合、真っ先に無料駐輪場を狙うからです。